ペット用品は通販で全て揃う|手間なくゲット

感染症を間違いなく防ぐ

犬

使い勝手の良い予防薬

フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫の疾患で、心臓や肺動脈に寄生することで咳や息切れなどの症状を起こします。心臓の弁などに絡まって、最悪には死亡してしまうこともある怖い感染症なので、犬や猫を飼う買主は、フィラリア予防薬を使うのが一般的です。使用する期間は蚊が飛び始める1ヶ月後の5月から、蚊を見なくなる1ヶ月後の12月までとされます。フィラリア予防薬の効果はほぼ100%と言って良く、用法用量を守れば間違いなく感染症を防ぐことができます。フィラリアの成長速度はゆったりとしていて、1ヶ月後ではまだ幼虫の段階です。フィラリアの成長速度はゆったりとしていることから、1ヶ月後でも幼虫の段階です。フィラリア予防薬は駆除薬としての役目もあり、この時に投与することでも十分に効果を発揮してくれます。駆除薬としても使用されることから、投与して大丈夫なのかと心配する人もいますが、フィラリア予防薬の安全性は確立しており、心配せずに使用することができます。副作用の危険性も極めて低く、万が一起こった症状でも下痢や食欲不振、痙攣などで重篤なケースはありません。気になる場合は投与してから、様子を見るために一緒にいてあげるのも良いでしょう。フィラリア予防薬の剤形は錠剤およびチュアブルタイプの経口薬、注射とスポットオンタイプの皮膚滴下の4つがあります。どの剤形でも予防効果が高いので、比較的取り扱いのしやすいチュアブルとスポットオンタイプが主流となります。投与から効果が持続するのも1ヶ月と長いので、使い勝手の良い予防薬と言えます。

Copyright © 2017 ペット用品は通販で全て揃う|手間なくゲット All Rights Reserved.